株式会社ABInnovation | 会社概要

代表取締役の挨拶代表取締役の挨拶

モバイルやクラウドをはじめとした先進サービスがコモディティー化し、社会インフラに本格的に活用される時代がやってきました。
一方で、バイオテクノロジーや医療関係、ロボット関連や宇宙に関する分野などで、新しいアイデアや技術が次々に誕生してきています。
私たちは、今こそICTをツールとして活用し、新しいアイデアや技術生かした「ビジネス革新」を作り出すことによって、より豊かな社会が実現するものと考えます。
ベンチャー企業、大企業などのステークホルダーとともに、豊かな社会の実現に貢献してまいります。
武藤 肇

企業情報企業情報

社名
株式会社エービーイノベーション (ABI)
設立
2015年3月10日
代表取締役社長
武藤 肇
事業所所在地
〒105-0004
東京都港区新橋3-9-10 天翔新橋ビル
TEL:03-3431-3525
主な業務
① 戦略的事業の構築に関する「プロフェッショナル・サポート・サー      ビス」の提供
② ①と連動した「マーケティング・サポート・サービス」の提供
③ ①、②に必要な人材確保のための「登録シニア・プロフェッショナル制度」の活用
01

経営メンバーのご紹介経営メンバーのご紹介

代表取締役社長 武藤肇

大学卒業後、セコム、AT&TJens等でコンピュータネットワークサービスやインターネット関連サービスの企画、開発、市場開拓に従事。
1997年にNTTドコモに入社し、法人系モバイルサービスの企画、開発、マーケティング等の事業責任者を務める。
また、医療系プロジェクトや農業M2Mプロジェクト、マイクロソフトとの「Windows×Xi」プロジェクトなどの多数のプロジェクト責任者を担当した。
一方で、業界団体活動としてモバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)の普及促進委員長を長年務め、MCPCアワードやモバイルソリューションフェアの開催責任者を務めるなど、モバイル関連サービスの普及促進活動を推進するとともに、駐日公館IT&モバイルフォーラムのフォーラム長も兼任し、海外ベンチャー企業の日本進出を支援した。
ベンチャーキャピタル会社の投資委員を長年務めるなど、ベンチャー企業の育成経験を豊富に持つ。

取締役副社長 杉山良仁

大学卒業後、大手半導体商社に入社し、インテル社のマイクロコンピュータの市場開拓等に従事。
また、システム営業部門の責任者、インタービジネス推進室長等を歴任し、主にシリコンバレーを中心とした米国系ベンチャー企業の国内総代理店としての活動を推進した。
1998年にNTTドコモに入社し、法人系モバイルビジネスのマーケティング、市場開拓等を担当。
M2Mビジネスの戦略推進部隊の担当部長等を歴任後、2010年にドコモシステムズに入社。
位置情報クラウドサービスの企画担当部長、経営企画部担当部長、品質管理部担当部長等を歴任。
業界団体 モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)のベンチャービジネスWGのリーダーを務め、計50社以上のベンチャー企業等を支援した。
また、韓国KOTRA主催のベンチャー企業のコンテスト Start-Up KOREAの審査員を2期連続で務めるなど海外のベンチャー企業の支援経験も豊富に持つ。

顧問・アドバイザーのご紹介顧問・アドバイザーのご紹介

安達俊久

略歴
1975年3月 東工大卒
1975年4月 伊藤忠商事入社
                伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズにて、長年ベンチャー支援・投資業務に従事。
2002年5月より、伊藤忠テクノロジーベンチャーズの代表取締役社長として、3本のファンドを運営。
2010年4月から2012年8月まで法制審議会会社法制部会委員
2011年7月より2014年7月まで一般社団法人 日本ベンチャーキャピタル協会(www.jvca.jp)会長を務める。
2013年6月から12月まで、金融審議会リスクマネー供給のあり方に関するWG委員を務める。
2016年2月 グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社 代表取締役社長に就任。
規制改革が持論で、日本版JOBS法、エンジェル税制拡充などを政府に提言。

稲田修一

情報未来創研 代表 稲田修一
(元総務省大臣官房審議官、元東京大学特任教授)

PAGE TOP